コラム|楽々園駅で歯科をお探しの方はまえはら歯科クリニックまで

〒731-5136
広島県広島市佐伯区楽々園5-9-5 楽々園クリニックビル2F
  • 楽々園駅・まえはら歯科クリニック・電話
  • 楽々園駅・まえはら歯科クリニック・メニュー

ご要望に合わせた「お口にぴったり合う」入れ歯を製作

虫歯というのは、歯を削ってコンポジットレジンを詰めるなど、治療法にそれほどたくさんのバリエーションはありませんよね。

もちろん、虫歯が進行していくと、失う歯質の量も増えていくことから、詰め物や被せ物など、治療法の選択肢も多様化していきますが、入れ歯ほど複雑ではありませんよね。

当院では、そんな入れ歯を患者さまのご要望に沿った形で製作しております。

 

噛めない入れ歯を使うことの悪影響

入れ歯は、歯科医師や歯科技工士の技術がそのまま反映される補綴物といえます。

とくに歯科医師の診査診断や治療計画を立案する能力は重要といえます。

ですから、経験の浅い歯科医師や技術の乏しい歯科技工士に入れ歯製作を任せてしまうと、噛めない入れ歯が出来上がってしまうことも珍しくないのです。

そうした適合不良の入れ歯を使うと、歯や顎に異常な負担がかかり、さまざまなトラブルを引き起こすことがあります。

 

噛める入れ歯をお作りします

当院は、入れ歯治療の実績も豊富ですし、技術力が確かな歯科技工士とも連携していることから、しっかりと噛める入れ歯をお作りすることができます。

しかも、歯科医師主導で入れ歯製作を進めるのではなく、患者さまのご要望をしっかりとヒアリングさせていただき、二人三脚で「お口にぴったり合う」入れ歯をお作りします。

ですから、入れ歯に関するご要望はカウンセリングの段階で気兼ねなくお伝えください。

患者さまのご要望を入れ歯製作に反映させ、いつまでも使い続けていただけるような入れ歯をお作りします。

 

まとめ

このように、入れ歯というのはよく噛めることはもちろん、患者さまにぴったり合っていることが大切といえます。

そうした要素が盛り込まれた入れ歯であれば、患者さまも愛着がわき、いつまでも使い続けていきたいと思われることでしょう。

当院ではそんなオーダーメイドの入れ歯治療を提供しておりますので、お困りの際はいつでもご連絡ください。