コラム|楽々園駅で歯科をお探しの方は【まえはら歯科クリニック】まで

〒731-5136
広島県広島市佐伯区楽々園5-9-5 楽々園クリニックビル2F
  • 楽々園駅・まえはら歯科クリニック・電話
  • 楽々園駅・まえはら歯科クリニック・メニュー

乳歯のむし歯の進行が早い理由について

永久歯のむし歯は、比較的ゆっくりと病状が進行していきます。

そのため、むし歯を少し削ってコンポジットレジンを詰めるだけで処置が完了することも珍しくありません。

一方、子どもの歯である乳歯は、永久歯よりもむし歯の進行が早い傾向にあります。

これは小さなお子さまのいる親御さまなら、日々の生活で実感されていることではないでしょうか。

そこで気になるのが乳歯のむし歯の進行が早い理由ですよね。

 

乳歯のエナメル質は未成熟

乳歯と永久歯とでは、エナメル質の構造自体に違いはありません。

どちらも規則正しい小柱構造を呈しています。

けれども、歯質の成熟度には大きな違いが見られます。

具体的には、乳歯のエナメル質の方が未成熟で、永久歯よりもたくさんの有機質を含んでいるのです。

すると、細菌が産生する酸への抵抗力も弱くなり、あっという間に進行してしまうのです。

 

清掃性が悪い

子どもの歯の咬合面は、大人の歯よりも複雑な構造を呈しており、汚れがたまりやすくなっています。

また、混合歯列期のように、大小さまざまな歯が入り乱れることでも清掃性が低下し、むし歯の進行を早めてしまうのです。

歯質が永久歯の半分しかない

乳歯のエナメル質や象牙質は、その厚みが永久歯の半分しかありません。

そのため、一度むし歯にかかってしまうと、歯の神経にまで到達するまでの時間も短くなるのです。

歯の神経までむし歯菌に侵されたら、抜髄や抜歯などの処置を施さなければならなくなります。

そういった意味でも、乳歯のむし歯は可能な限り予防した方がよいといえるのです。

 

まとめ

このように、乳歯のむし歯の進行が早いのは、歯質が未成熟で永久歯よりも薄く、清掃性も悪いことに起因しています。

これらはすべてのお子さまに共通していることなので、やはり、乳歯のむし歯を重症化させないためには、予防することが第一といえます。

当院の小児歯科までお越しいただければ、乳歯のむし歯の効率的な予防法についてお伝えいたします。